SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

My First JUGEM

龍王山登山
 11月17日(日)
門司歩こう会のチャレンジコースに参加。山陰本線吉見駅に7時52分に着きました。小雨が降っているので、雨具の用意をして、ミーティング後、歩き始めました。本日は天気予報も雨でしたのもあり、参加者はわずかに女性3名男性7名の10名でした。会員の高齢化もあり参加者が減る一方でさびしいものです。しばらく歩いて龍王神社で本日の安全を祈願して登り始めます。神社の庭には珍しい桜が咲いていました。
登山路はよく整備されていてコンクリートの枕木で階段がずっと続いています。8合目すぎの中腹に鳥居があり小休止です。奥の方に石段がありますが、この石段は素足で登るように注意の看板がありました。会員の女性の方が以前来た時は2月で雪が積もっていましたが、もう一人の女性と二人だけが裸足で登りました。当時は若かったと思い出を話していました。

予定よりも20分位早く龍王山の頂上に着きました。地元の女性の方が2名先に登っていました。ここは天気の良い時に来ると見晴らしが良いのにと不思議な顔で話しかけてくれましたが、致し方ありません。
早く着いたので、もう少し先の鋤先山まで縦走することになりました。

階段をどんどん下って又登ると言う山道です。鋤先山は雄鋤山とさらに下って登る道の先に雌鋤山があります。昼食は雄鋤山で摂りました。寒いので45分の昼食時間です。
雌鋤山に向かって少し下った所で姫りんどうが実を付けていました。
途中の山道には、この他、ムケビが落ちていたり、路の端にはイチリョウが小さな実をつけて並んでいました。椎の実を拾い集めている人もいました。

何段も続いた階段も終わり、深坂のダムまで降りてきました。天候も後半は風は強く吹きましたが、雨も上がり、良い天気になりました。振り返ってみると正面に今日登ってきた龍王山が真正面に、左手に雄鋤先山と雌鋤先山が見えます。ダム湖には白鳥や鴨や鯉が泳いでいました。
この後、自動車道の舗装道を4辧¬鵤瓜間かけて歩いて安岡駅に着きました。途中道端で山芋の蔓にムカゴの小さな実が付いていました。両手一杯に採った人もいましたが、5粒採ったので庭に播いてみます。ムカゴは採れるのは早くても3年先でしょう。山芋が食べられるのはいつになるでしょう?今日は皆さん健脚でしたので、予定より一列車以上早く駅に着きました。帰ってから近くの温泉で疲れを癒し、ビールを飲んで、バイキングの夕食を食べるのが楽しみです。(歩数計は2万5千歩でした)

| 健康 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牛斬山登山
 9月8日(日
門司歩こう会の9月例会は、牛斬山登山です。採銅所駅に集合。ここで、筑豊の福智ハイキングのメンバーとお会いしました。3月に登った「障子ゲ岳」に登るそうです。
ミーティングとラジオ体操の後、9時15分歩き始めました。舗装路を15分程度歩き登山口から山道に入りました。朝のうちは、霧のような小雨でした。すぐに竹林に入りすがすがしい気持ちの良い道です。リーダーの説明通り、ずっと登りばかりでした。途中、この処の雨で、沢の水嵩が増しており、用心して石の上を渡りました。
途中何度も立ち休憩を取りながら、水分補給や飴や果物を食べ、2時間以上かけてゆっくり登りお昼前に頂上に着きました。
頂上でしばらくすると霧も晴れて廻りの山々が見えてきました。香春岳の採石跡が近くに見え、遠くには英彦山や国東半島も見えました。

昼食を食べて、頂上で86歳の方と。お疲れのようです。

10月の例会は、市民ハイクに一緒の参加で安倍山公園付近を歩きます。
10月のバスハイクの参加者が少ないので是非参加して下さいと頼まれて申込みをしました。
下りは来た道を戻ります。道には登った時にはなかった所にも水が流れてきており、皆、滑らないように気を付けて下りましたが、1時間ほどで、登山口まで着きました。
しっかり気持ちの良い汗をかきました(釜山でのビールが全て出てしまいました)。
| 健康 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
障子ケ岳
 3月10日(日)
今日は、年度最後の歩こう会の例会で、障子ケ岳(427m)登山です。採銅所駅に集合で、9時30から歩き始めます。リーダーから予め戴いていた地図と説明文に沿って、丁寧にコースの説明がありました。前回は11年前に登ったとの事ですが、その時は難易度が☆一つの容易なコースと紹介されていたが、参加者の年齢が上がってきたので、☆☆の表示を付けています。途中斜面で滑りやすい所が、何ヵ所かあるので、ロープを張るのでそれを持って気を付けて登りましょう。との事でした。昨日までは、好天が続いていたのに出発頃からポツリポツリと降ってきました。用意の良い方は、リュックに雨よけカバーを付けたり、傘を出したりしていました。私は、どちらかと言うと晴れ男と自負していたので、大した雨にはならないだろうと、傘は用意していましたが、リュックに入れたまま歩き始めました。歩き始めて30分位で雨も上がりました。途中味見桜公園入り口と味見峠で、

小休止し、ここまでは砂利道の緩やかな車道でした。
これから山道に入り、何箇所か滑りやすい所もありましたが、ロープのお陰で、全員何事もなく障子ケ岳の頂上に着きました。今回は、途中トイレがなく、会長が簡易トイレ(囲いとなるシート)を背をって頂上まで運んで、組み立てました。女性の方は大助かりです。本当に、この会の世話人の方の気配りには、頭の下がる思いです。


頂上で昼食後、今日で100回の方と75回の方お二人の表彰があり、その後下山です。頂上では気温も下がり寒くて手がかじかんでくる感じでした。
味見峠までは、同じ道を滑らないよう気を付けて、全員無事に採銅所駅に着いた頃には、天気も良くなりました(歩数計で22,000歩を超えていました)。
今年度の例会も無事に終えました。25年度の最初の4月の例会は、門司の和布刈公園での花見です。
| 健康 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
門司港レトロマラソン
 11月25日(日)
昨年70歳の記念に「門司港レトロマラソン」に初参加。昨年は、自重して5kmを走り、今年は、10kmと決めていましたので、時折、3km程度のジョギングはしてきましたが、長い距離は走ってないので、完走できるペースを心掛けました。
結構ここまでが遠く思えました。
はね橋を過ぎると後、500m程度ですので、完走は間違いないでしょう。
スタート付近から抜きつ抜かれつの女性(ピンクの服)が後ろから来ていますが、この後抜かれてしまいました。
ゴール付近です。昨年の5kmの倍の距離ですが、少しだけ倍よりも少ない時間でゴールです。
完走証を受け取り、この後の抽選会の結果を待ちましたが、残念ながらハズレ。
来年も走れるように元気で過ごしたいですね。
| 健康 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
英彦山登山
 11月4日(日)
今日は「歩こう会」のチャレンジコースとして企画された「英彦山登山」である。「歩こう会」は毎月第2日曜日の例会の外に、少しハードなコースを選んだものです。日田彦山線で8時45分に彦山駅に到着。例会の方は、いつも60人前後の参加があるが、今日は14名の参加でした。「歩こう会」は、来年35周年を迎える歴史のある山歩きの集いです。会員(106名)の多くは2,30年のベテランで、参加当時は、40代の元気な方も、すでに70台前後の方が多く、コースもあまり負担のように選んで例会を選定しているそうです。
彦山駅で町営バスに乗り、野営場で下車し、ミーティングの後、ストレッチ体操をして、歩き始めました。英彦山登山道の3ルートのうち、中岳(上宮)まで最短コースで、奉幣殿〜中宮(中津宮)〜産霊(むすび)神社〜中岳です。
10時に奉幣殿でトイレ休憩の後、登り始めました。
途中緩やかな登りで30分もすると、

やがて紅葉がきれいな中腹が見えました。

ここで小休止し、さらに登り始めます。
それでも疲れて立ち止まり、進めない人もいましたので、休憩し、元気な人が、荷物の一部を引き受けて、又、登り始めました。
さらに30分登ると見事な景色の見える所に出ました。(登山道から少し脇道に入った所)。
この後、産霊神社を過ぎて、中岳頂上に12時に着きました。このあたりから天気予報の通り曇ってきて、気温も下がってきたようです。上宮(英彦山神宮)に入り、お参りをして、昼食です。昼食を済ますと皆んな寒くなってきて上着を重ね着するようでした。13時前に、ブナ林の尾根を少し下って北岳に向かいました。
振り返ると神社が見えます。

ここ北岳では殆ど休まずにすぐに豊前坊を目指て下山を始めました。
この後、急な岩場をひたすら足場に気を付けて、何度もロープに頼り、鎖を握り一段一段降りて行きます。延々と急な岩場で、「もういやになった」「まだ?まだ?」などと、悲鳴を上げながら仕方なく降りて行きます。それにしても大きな岩が階段状に続きますが、自然に出来たのでなく、昔に修験者たちが、何年もかけてこのようにしたようなので、驚きです。シオジ林や逆鉾岩など鑑賞する余裕もありません。まして、望雲台があるなど話題にも出ませんでした。
14時30分に豊前坊に着きました。

高住神社の登山口を過ぎて、更に歩きます。

高住神社前の駐車場付近が真紅に色づいてきれいです。残念ながら、雨がポツポツ降り出しました。日に照らされるともっと綺麗でしょう。

ここからもバスは出ていますが、これからさらに青年の家のバス停まで歩きだしました。
青年の家の近くに「針の耳」という所があって、ここで、狭い岩の間を通り抜けることになりました。
岩と岩の間を、人が体を横にしてやっと通れる隙間です。一番最初の人が通り抜けて、手前に出てきました。皆が続いて隙間に入っていきます。ところが、先の誰かが通れなくなったようで、止まってしまいました。後ろから次々に入ったので、もう後ろにも戻れません。「あの一番肥ったご婦人だろう」と思いましたが、誰か分りません。雨が降ってきました。「はやく、早く」と急かしますけど、中々です。やっと通り抜けたようです。(そのご婦人ではなく、男性でした。「私より細いのに要領が悪いのよ」)。
それから、前のご婦人に続いて進みました。すぐに、身をかがめて横向きにならないといけない所です。頭を先に、両手、右足と地を這うように前にして、そのご婦人が入りましたが、大きなお尻(失礼)と左足が残り、動けなくなりました。「誰かお尻を持ち上げて押して下さい」と必死に言われます。「お尻のどこを押したらいいの?」。押しても動きません。躊躇していたら、やっと自分で身をひねり前に進みました。続いて通り、皆、無事に通り抜けできました。
後で、「針の耳」の由緒についての看板を読みました。「孝行娘が鬼に追われて、岩の間を通って逃げていて、鬼が来た時、両側の岩が動いて狭くなり、鬼が閉じ込められて、孝行娘が助かった」そうです。
皆(昔の孝行娘・息子)そろって無事に、町営バスに乗り、彦山駅へ着きました。
| 健康 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大船山登山
 10月21日(日)
昨日のTVや新聞に九重山系大船山の紅葉が見頃ですと出ていたので、急遽、準備をして、朝5時半前に車で出かけました。8時に長者ケ原の駐車場に着きましたが、すでに沢山の車でいっぱいでした。やっと見つけて駐車し、登山靴に履き替えて8時10分に出発しました。若い頃、何度もきているので、地図をみるまでもありませんが、雨ケ池まで1時間、それから40分で坊がつる、そこから大船山山頂までが、1時間30分とありました。山頂でお昼だと食事をして下山して、駐車場に戻ると4時過ぎになり、帰宅が遅くなります。無理をせず、大船山の中腹の紅葉を眺めて戻ろうか、も少し早く出発すべきであったなど、考えながら歩きだしました。

正面から朝日を浴びて、ススキがきれいです。

9時10分に雨ケ池に着き、三俣山を振り向くとこちらの紅葉もきれいです。

雨ケ池の看板です。
周囲の紅葉を眺め、9時35分に坊がつるを目指しました。
10時20分に坊がつるに着きました。

ここも一面に見事なすすきケ原です。

坊がつるのキャンプ場から紅葉がきれいに見えます。正面が大船山でしょうか?
10時30分でしたが、躊躇なく、大船山を目指すことにしました。
登山道に入るとすでに下山して来る人や追い越して行く人、「おはよう」「お先にどうぞ」と声をかけながら途中2回の小休止(5分程度の水分補給)でやっと目の前に山頂が見える所に来ました。
一段と紅葉がきれいです。
12時になりましたので、この中腹でお昼にします。頂上まであと20分ぐらいでしょうか。
いつものように携帯コンロでお湯を沸かし、インスタントラーメンに沢山の野菜と豚肉を入れて頂きます。これにおにぎりとゆで卵、ブルーベリーテイーも入れて、さらに自家製パン(餡にお芋とひき肉、たまねぎ、にんじんを入れています)でお腹も満足。昔は、缶ビールをグッと一息ですが、帰りに車の運転があるので、この楽しみは味わえません。残念です。

13時に頂上を目指すことにしましたが、反対側も紅葉がきれいです。
頂上までは狭い道ですので、下山の人と道を譲ったり譲られたり、なんども立ち止まりましたが、最後の岩場を登りきると頂上です。
それでも頂上には13時15分に着きました。

頂上の向こうにある池の周囲が超素敵です。やはりここまで来なければ悔いが残りますよね。サイコー。

周囲を眺めたり。

写真を撮ったりして、紅葉を満喫しました。
13時20分。これからは駐車場を目指して気を付けて下山です。

駐車場に戻ったのが、丁度17時で、「おー手手つないで皆帰ろ」と時報の歌が聞こえてきました。
山に向かって一礼。「ありがとうございました]。

すぐに日が落ちて暗くなります。家まで安全運転で8時半過ぎに無事帰りました。
| 健康 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
門司歩こう会
 昨年12月の門司歩こう会に参加して、戸の上山で奉仕活動の方による豚汁
を頂いて、1月、2月とオープン参加扱いでしたが、4月から会員名簿に正式に
加えて頂きました。この会は今年で35周年を迎えるもので、会員の方もだんだん
お歳を召されて150人前後いた会員数も今年は私を含めて4人の新入会員が
ありましたが、辞められる方が多くなり、107名になっています。
今回は花見で、JR下曽根駅に9:10集合で、新入会員として紹介していただき、
それからラジオ体操をして、2隊に整列(?)して歩き始めました。途中「長野緑地
公園」により、休憩して目的地の横代の「農事センター」までの約7kmの行程でした。
丁度12:00に到着して各自持参の弁当を食べながらの花見でしたが、まだ桜の
開花が少なく残念でしたが、日当たりがよく芝生の上で気持ち良いひと時でした。
13:30からミーティングで今年度の行事予定や役員紹介・会計報告などがあり
解散。
| 健康 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |