SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

My First JUGEM

<< 平冶岳登山 | main | 初めてのヨーロッパ旅行 >>
蕎麦を究める(11)
 5月13日(月)
種蒔きしてから10日が過ぎ、順調に発芽しています。

手前に干しているのは、昨年10月に播いた国産なたね油用の「ななしきぶ」と思われるものを刈り取ったものです。良く乾燥し種を取り出して、在来種のものが混ざっていないか確かめてみます。
5月23日(木)
種蒔き後、20日経過しました。

手前側は春播き用の種です。花も咲き始めています。

6月6日(木)
種蒔き後、34日経過。
こちら側は春巻き用の種が足りなかったので、信濃秋蕎麦の実を撒いた所です。まだ、花があまり咲いていません。

少し近づいてみると右と左で開花状況の違いが良くわかります。
6月22日(土)
種蒔き後、50日経過。
手前側の、春巻き用の方は、花も終わり実が付き始めています。まわりの雑草が茂ってきたので、草刈りをしました。(土手側は刈り残しています。明日にでも刈る予定です)。

こちらの信濃秋蕎麦は殆ど実が付いていない。

7月3日(水)
種蒔き後、丁度、1か月経ちました。
実が黒くなってきていますが、雑草も良く茂って分かりにくいですね。

左の信濃秋蕎麦はやはり実が殆ど付いていません。
| 趣味 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://bikotuseikatu.una-uma.com/trackback/34